『宮大工』を含むコンテンツ

式年遷宮の古材はどこへ?

sikinensengu.jpg

20年に一度、社殿を新築し
御神体を移す神事である
式年遷宮。

では古い社殿の資材はどうなるのでしょうか?

古い社殿の古材は「撤下古材」と呼ばれ、
ご利益があるとされています。

その為、全国の神社が伊勢神宮に申請し、
選ばれた神社に分けられるとのことです。

また、20年ごとに立て替えるのは、
信徒の方には別の意味もあるとは思いますが、
宮大工の技術の継承を図る意味もあります。

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド