『山で遭難した場合の個人負担額は?』を含むコンテンツ

山で遭難した場合の個人負担額は?

山で遭難した場合の個人負担額は?.jpg

遭難の通報を受けた警察は
遭難救助隊本部を設置。

地元山岳会員15人が出動。

警察官250人出動。

航空自衛隊のヘリ5機出動。

この大規模捜索で遭難者を救出。

この場合場合の個人負担額は?

自衛隊や警察は仕事ですから
そこに個人の賠償はありません。

原則として公務員が行うことは
賠償しなくてもいいのですが
山の救助の場合、山をよく知っている
民間人がいます。

その民間人に案内を頼んだりすると
民間の方には費用を払わないと
いけないのです。

その費用が遭難者の負担になります。

なので山で遭難して、発見されるまでの
時間が長くなるほど賠償金額は大きくなります。

山登りをするならそういう保険がありますので
加入してから登山して下さい。

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド