『借金』を含むコンテンツ

35億の借金について

35億の借金について  (矢沢永吉と糸井重里対談より 2010年)

 

90年代末、矢沢はオーストラリアで

詐欺事件に巻き込まれる。

信頼していた側近社員の裏切りで

矢沢は莫大な借金を一人背負うことになる。

 

事件について、矢沢は振り返る。 

 

正直言ってあの事件が起きた時

ボクはもうダメだと思ったよ。

 

あーオレの人生終わった。

 

全て終わった。

 

なんていうことになったんだと思いました。

 

ほいで、ヤケ酒飲みましたよ。

 

もう、飲んで、飲んで、飲んで・・・

 

酒は便利がいいもんでね。

 

慰めてくれましたよ。

 

でも1週間飲んだらあきるのよね、もう。

 

で、こんなことじゃ解決しないよな、と。

 

そしたら、自分有名人じゃない。

 

有名人だと被害者なのに面白おかしくマスコミは書くは、

それこそ人の不幸は蜜の味じゃないけど・・・

 

で、こいつらにいいおもいさせたくない。

 

そうするには、借金を返すことなんですよ。

 

で、借金を返せるだろうかということで・・・

 

大変だけど矢沢永吉が本気になったら返せない金じゃないと。(奥さんが言った)

 

で、ホントに、ホントにと聞いた。

 

マジっと3回くらい聞いた。

 

そしたら、マジ・マジ矢沢だったら返せると言われた。

 

~~~~~~~~中略~~~~~~~~

 

ほいで、借金返済終わりました。

 

終わった時みんなが、正当に終わらせたから、

真正面から解決したから

あっちこっちで色んな拍手やザワザワが起きた。

 

あ、そうか。

 

これが、解決ってやつなんだ。

 

これがケツ拭くってこと。

 

で、なんだかんだ言ってケツ拭くやつにおちょくれないんですよ、周りは。

 

 

<当サイト管理人の所感>

 

 

小生には 自動車販売の社長をしている友人がいます。

2代目なのですが

引き継ぐ時に負債があり

その額は、なんと3億。

親戚が全員反対したそうですが

彼は3億を背負って

自動車販売業を引き継ぎました。

そして、まもなくその3億を完済するそうです。

彼が3億を背負った時の年齢は24歳でした。

彼には経営ノウハウも

営業ノウハウも

特別なテクニックもありませんでした。

(整備の資格だけはありました)

彼にあったのは<気迫>だけです。

なんとしても3億は返済する

という<気迫>です。

その<気迫>から

彼は一つのチャンスを掴みました。

車のオークションという道です。

たまたま知人に車のオークションの

商売を教わったそうです。

今や車のオークションの業界では

彼はそれなりのポジションにいます。

そして、会社の業績は好調です。

彼は、3億を背負った時

自分を信じていたのでしょう。

「オレはできる」と。

ピンチを脱出できたのは

自分に期待したからです。

そして<気迫>。

彼に会うといつもこう思います。

テクニックや人脈よりも

大事なことがある。

それは

自分に期待する。

そして

気迫。

 

 

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド