『幸せ』を含むコンテンツ

あの頃は、上に行って星をつかんだら、
寂しさやイヤなこととか、全てが解決できると思っていた。

でも違っていた・・・・・・。

『神様、約束が違うじゃないか』って思ってたよね。

今から思えば、あのように壁にぶつかったからこそ、
ここまでこれたんだと思う。

そして、わかったのね。

『幸せ』とは、気持ちがいいこと、
なことだと・・・・・・。

よく昔は、言ってたよね。

わかりやすい言葉で『金持ちになりたい!』って。

一番わかりやすいことだったからね。

でも、やっぱり、ダメなんだよね、
それだけじゃ・・・・・・。


僕は『成りあがり』でこんなこと言っていたでしょ。

絶対『カネが全てじゃない』って男に、クソくらえ!
と思っていたからね、あの頃は。

でも、今は「カネは便利がいいけど、絶対じゃないよね」
と本当に心から言えるようになった。

矢沢永吉 54歳

<管理人コメント>

永ちゃんはお金をもってから
金は絶対じゃないと言っています。

この順序は健全だと思います。

成人式で思うこと

『成人式で思うこと』矢沢永吉語録 1980年2月3日NHK「若い広場」より

 

一番いいころよ、二十歳(ハタッチ)って。

 

二十歳のころは何でもできるような気がする。

 

自分だけは歳をとらないような気がする。

 

自分だけは怪我しないような気がする。

 

自分だけは長生きするような気がする。

 

一番おもしろい時期。

 

だから魅力がある時だね。

 

二十歳に入ったらタバコが吸えます。

 

こんなのどうでもいい。

 

いわゆるボクが言いたいのは

どれだけの人が幸せになれるんでしょうね。

 

こっから始まるわけですよ。

 

男も女も。

 

女はいい男見つけて幸せにならないかん。

 

男も事業を起こすかなんかしらないけど

いい男にならないかん。

 

こっから10年間ではっきり差がつきますよ。

 

やった奴とやらない奴の。

 

何人の人が幸せになるんでしょうね。

 

たくさんなればいいね。

 

<当サイト管理人の所感>

 

確かに二十歳(ハタッチ)の頃ってそう思ってました。

 

だけどやりたいことを追いかけて、

そしてそれをやっている人は若々しいのでは?

 

 

 

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド