『語録』を含むコンテンツ

そういう男が日本に一人くらい

どこまでできるのかな、
ひょっとしたら50歳くらいまで歌えるのかな、
30歳で終わっちゃうのかな。
 
わからない。
 
白髪頭になっても後楽園で歌えたら最高だろうな。
 
そういう男が日本に一人くらいいなくちゃ。

友達の家に

友達の家に楽譜忘れたことがあってね。
 
あわてて電話して『お前の家に1億円忘れた!』って言ったの。

キャデラックに乗って

キャデラックに乗って、10メートル先のタバコ屋に
ハイライト買いにいくことが夢です。

caderack200.jpg

永ちゃんも夢見たロックンロールのキング 

エルビス・プレスリーが愛した

古き良きアメリカンドリームの象徴!あこがれのピンクキャデラック



ファンは矢沢の生き方が好きだという。

ファンは矢沢の生き方が好きだという。
 
でも、成功したから美談になるんであって、
矢沢の生き方は、決して特別なものじゃないのよ。

自分のまわりの時間の流れが

自分のまわりの時間の流れが変わった気がする。
 
すごい心地いいの、テンポが。

アーティストの可能性なんて

アーティストの可能性なんて、雑巾のようなものでさ。
 
絞って絞って、まだ出るかって感じでやってんだよ。

年とるってのは細胞が老けることであって

年とるってのは
細胞が老けることであって、
魂が老けることじゃないんだよ。
 
同時に若いってことは、
細胞が若いんであって、
魂が光ってるってことじゃないの。

====================

空海(弘法大師)もこのような言葉を残している。

人は、体は歳を重ねても、
心は老化せずに生きられる

オレが生きて枯れ果てていくザマを、ファンに見てもらいたい。

なんか非常に人間的になってくるよね、40代って。
 
オレは生きていくザマを見てもらいたい。
 
オレが生きて枯れ果てていくザマを、ファンに見てもらいたい。
 
オレは枯れていくザマで戦うから。

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド