『金』を含むコンテンツ

もっともっと矢沢みたいな人間、増えなきゃ駄目ですよ。もっともっと儲けなきゃ。

もっともっと矢沢みたいな人間、増えなきゃ駄目ですよ。

もっともっと儲けなきゃ。

僕は昔から言ってるわけ、金が欲しいって、
大邸宅住みたいって。

そういうとね、「それは言い過ぎじゃない」って。

「言い過ぎじゃない」っていうのはね、
本当に言い過ぎじゃないって言ってるんじゃない。

それは「本当のこと言わないで」ってことなんだ。


1979年 リハーサルスタジオ

矢沢永吉 30歳

カネ

バカな奴は金の区別がつかない。
 
紙の金なのか本物の金なのか、
金の中に2種類あることを忘れちゃいけないよ。
 
矢沢永吉 38歳

『なぜ、カネが欲しいか?』

『なぜ、カネが欲しいか?』矢沢永吉語録 1980年2月3日NHK「若い広場」より

 

昔からゼニが欲しいって言ってたのね。

 

それは、お金のお金じゃないのね。

 

いわゆるね、ボク、カネ欲しいのよ。

 

カネをだっと、欲しいのよ。

 

カネが欲しいというのは

何が欲しいんだと思います?

 

札って限度があるんだよ。

 

朝・昼・晩の三食って決まっているわけ。

 

それでもカネ欲しいと、矢沢言ってる。

 

安心感が欲しいんですよ。

 

安心感とちゃんと底辺さえベーシックな

部分を持っていれば

自分の魂を売ることもない。

 

だから、本当に自分が感じたものと

いいと思うものを徹底的にするためには

底辺かためなきゃいけないんですよ。

 

それでボク、カネ欲しいって言ったわけですよ。

 

カネが無いと、したくない仕事を請けなきゃいけない時もある。

 

自分の信念を曲げてまでやらなきゃいけない仕事もあるでしょ。

 

そういうアーティストはあまりにも自分がかわいそうだ。

 

だから1日も早くカネ儲けようと思った。

 

自分をまとめるために

底辺を作るために

ということですよ。

 

<当サイト管理人の所感>

 

日本ではお金の話しをするのはタブーとされていました。

 

そこを、20代の永ちゃんは人目をはばからず「欲しい」と言いいました。

 

言いにくいことをズッバと言う永ちゃんのスタイルに

当時高校1年だった小生は衝撃を覚えました。

 

言いにくいことを言うというよりも、誰しもが心の中で

思っていることを永ちゃんは言っているんだなと思いました。

 

以来、永ちゃんが発することには注意深く耳を傾けるようになりました。

 

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド