『音楽活動』を含むコンテンツ

人は一瞬のハッピーがあったら、また走れる

『人は一瞬のハッピーがあったら、また走れる』 矢沢永吉語録 2009年NHK「SONGS」より

 

証券会社勤務の25歳女性からの質問。

 

「この仕事を続けていって

10年後、20年後それで自分が

この生き方で良かったのかって思えるのか?」

 

永ちゃんのアンサー

 

去年(2008年)ボク、ライブ・音楽活動を完璧に

止めたんですよ。

 

なぜ、止めたんですか?と言われた時

36年間ものすごいスピードで走ってきた。

 

辺りの景色もあまりよく見ないまま来てる。

 

ちょっと止めてみようということで止めたんです。

で、止める前から分かってた。

 

何を分かってたかと言うと

人ってそんなに器用じゃないよね。

 

また、器用じゃなくていいよねっていうことが

分かっていた。

 

なぜ、こんなことを言うかっていたら

38くらいの時ボクは思いましたよ。

 

マネージャーなんかに言っているわけ。

 

オレは明けてもロック・ロック、ツアー・ツアー

ステージ・ステージ、レコード・レコード。

 

オレには音楽しかないのか?

 

もっとあるだろうよ、このピカって光るものが。

 

音楽以外にピカっと光るもんないのか?

 

38くらいってまだまだ言いたいわけよ。

 

で、45になり50になり55になって

この歳(60歳目前)になって

1年止めた時に「だよね」っていうのが分かるわけ。

 

人はそんなに器用じゃないんだよ。

 

「あー 自分には音楽があったな」

一つ貰った神さまに。

 

一個あったら十分よ。

 

  中略

 

人は、一瞬のハッピーがあたら

また走れる。

 

毎日、毎日ハッピーが来るわけないんだよね。

 

今日もコレか・・・

昨日もコレか・・・

明日もコレっていう時に

土曜日あたり、いいことが一発ポーンってあったら

来週1週間またがんばれるみたいな

人間ってそんなもんじゃない。

 

そんなもんよ。

 

だからボクは辛い時

暗示かけていますよ。

 

「今日眠れないのはオレだけじゃない」

世界の明日チャンピオンシップを迎える選手は

今日のオレと同じように

眠れていないはずだと思ったら許せるの。

 

これしか言えなくてごめんなさい。

 

 

<当サイト管理人の所感> 

 

自分のやっていることは

次の何かにリンクすると思っています。

 

ただしそれは求めれば。

 

あぐらをかいてじっとしていても

何も起きない。

 

永ちゃんが2008年にライブ・音楽活動を完璧に

止めたことはすごい決断だったと思います。

 

しかしそれが次に生かされている。

 

 

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド