トップページ >矢沢永吉人物像 > 仕事観> 奇をてらうより

奇をてらうより

奇をてらうより、
身につけてきたものに
少しずつ肉づけを施していけば、
また新しいものが生まれるんだよ。

BRUTUS 2005年10月1日号

INTERVIEW 2005年7月25日

矢沢永吉 55歳

<管理人コメント>

奇をてらう→わざと普通と違っていることをして
人の注意を引こうとすること。

永ちゃんは「近道すると近道に潰される」と言いました。

奇をてらうより、
身につけてきたものに
少しずつ肉づけを施していけば、
また新しいものが生まれるんだよ。

というのは、ある意味近道をしないという
ことに通じるものがあると思いました。

 

 

 

奇をてらうより関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド