トップページ >矢沢永吉人物像 > 仕事観> 16歳前後のときに、スコーンとこれたかこれないかで人生決まっちゃうと言っても過言じゃないよね。で、ある日これを職業にしようと思った。 ピカッときたんだね、もう、これで行く、みたいな。

16歳前後のときに、スコーンとこれたかこれないかで人生決まっちゃうと言っても過言じゃないよね。で、ある日これを職業にしようと思った。 ピカッときたんだね、もう、これで行く、みたいな。

一番感じるとき、中学2年とか3年とか、
高1とかに、ビートルズと出会った。

その時に、スコーンとこれて。

16歳前後のときに、スコーンとこれたかこれないかで
人生決まっちゃうと言っても過言じゃないよね。


で、ある日これを職業にしようと思った。

ピカッときたんだね、もう、これで行く、みたいな。


映画 『E.YAZAWA ROCK』(イー・ヤザワ・ロック)2009年
矢沢永吉 59歳

<管理人コメント>

管理人は16歳の時、永ちゃんに出会いました。

世の中に、こんなカッコイイ大人がいるんだ・・・・・・・と。

衝撃的だったのを覚えてます。

スコーンではなく、バコーンという感じでした。

 

 

 

16歳前後のときに、スコーンとこれたかこれないかで人生決まっちゃうと言っても過言じゃないよね。で、ある日これを職業にしようと思った。 ピカッときたんだね、もう、これで行く、みたいな。関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

サイト情報

リンク集

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

タグクラウド