矢沢永吉の魅力 セルフイメージ

 


 

矢沢永吉の魅力はいくつもある。

 

その中で小生が最も矢沢に惹かれる部分は
矢沢のセルフイメージの高さだ。

 

セルフイメージとは己の心が己の心の奥底で
自分を誰としているのかがセルフイメージだ。

 

矢沢自身30歳の時にこう言っている。

 

『もうね、暗示かけちゃうの自分に。

「オレは才能あるんだ」
「素晴らしいんだ」と思わない限り
やってられないもんね。

 

自分が「ちょっと、僕は・・・」という奴は
人の前で唄う資格ない。

だからボクは、もっともっと日本人の中から・・・
これ、アメリカ人はけっこう意外と多いんですよ。

それがまた日本人の謙虚な部分で
いいとこですよというかもわかんない。

でも、謙虚な部分は謙虚な部分で使う場所たくさんありますから。』

 

セルフイメージは何によってできるかというと、
自分のしゃべる言葉と、
耳に入れる言葉で決定する。

人間は言葉によって思考する。

自分がよく使う言葉によって人生は作られていく。

 

だからネガティブなことばかり言っていると
そういう人生が待っている。

耳に入る言葉、
話す言葉で自分の人生が決定するなら
言葉がいかに重要で大事なのかが分かる。

 

小生は高校1年の時に矢沢永吉と出会って本当にラッキーだった。

なぜなら、まともな大人の言葉を16歳の時に耳に入れることができたからだ。

おかげで耳の感度は鍛えられた。

 

物事をよく考えて話している人間と、
自分の言葉に責任を持たずに話している人間の
言葉がよく分かるのだ。

そして、未だに矢沢の発言には注目している。

というのは自分の仕事や生き方の指標やヒントになっているからだ。

だから矢沢の本やDVDは多くの人にお勧めできる。

 

コンサートにも行って欲しい。

 

きっとあなたのプラスになる。

 


 

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

サイト情報

スポンサードリンク

 

リンク集

タグクラウド

feed FEED

サイト内検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク